Interview

sakaguchi02.jpg

Japanese Artist Reemerges in Hawaii to Honor the Earth
Volcano Art Center PresentsSusumu Sakaguchi’s
First Solo Show in Hawaii

Volcano, HI – Japanese-born contemporary artist Susumu Sakaguchi <http://susumusakaguchi.com/> is about to make a big splash in the Big Island art scene. Bringing his unique style of “Metamorphosis Perception Painting” not seen in Hawaii since a 2008 idspace exhibition <http://www.hiartmagazine.com/idspace/Past%20Exhibits/Susumu%20Sakaguchi/Susumu%20Sakaguchi%201-08.htm> , Sakaguchi returns June 18 with his first statewide solo show at Volcano Art Center <http://www.volcanoartcenter.org/> .

Perhaps since it’s been so long or perhaps he simply has so much to say with the works on display, Sakaguchi’s exhibit carries three distinct and equally poignant titles: Earth is Born, Time of Crisis and Peace and Center of Universe.

“The last thing we think about is our Earth,” says Sakaguchi. “We are conscious and sensitive to those things which change before our eyes; our sensations are boundless yet our perceptions are finite. My paintings are neither social, nor political. They are the natural response of one person expressing in form and body of sensibility, his biological destination.”

Since 1972, Sakaguchi paintings have been shown in galleries and museums throughout the United States and Japan. His resume reads like a guidebook for essential global tourism: New York, Tokyo, Philadelphia, Hiroshima, Nagoya, Jersey City. Having once lived a “tri-coastal existence” in New York, Japan and Hawaii’s Big Island, Sakaguchi now calls Volcano home with his wife Shizuno Nasu, a classically trained professional dancer whose performances often accompany her husband’s exhibitions. If anyone has insightful artistic commentary to share regarding the Earth, it is Sakaguchi.

The highly-anticipated exhibition of Earth is Born, Time of Crisis and Peace and Center of Universe will be on display at Hale Ho‘omana, Volcano Art Center’s newest multipurpose facility at their Niaulani Campus in Volcano Village <http://www.volcanoartcenter.org/about-us/niaulani> . A gallery reception and preview will be held on Sunday, June 17 from 4:00 to 6:00pm. The show will be open to the public June 18 through July 28, weekdays from 10:00am to 4:00pm and weekends by appointment. For more information, visit www.volcanoartcenter.org <http://www.volcanoartcenter.org/> or contact Volcano Art Center Gallery Manager Emily Catey at (808) 967-8222 <tel:%28808%29%20967-8222> or gallery@volcanoartcenter.org.

風と大地と一つになる舞
那須シズノ(コンテンポラリー・ダンサー)

関西にダンススタジオをオープンし、10年目を迎えようとしていた。7人の生徒で始めた小さなスクールが、80年代後半のジャズダンス・ブームにも乗り、生徒数100人を超える3つの分校へと成長していた。規模を広げるにつれて経営に携わる時間が増え、生徒のための舞台やダンスコンテストの準備に追われる日々だった。1988年、全日本ダンスコンテストで受賞した直後、次の舞台制作に向かって一人スタジオにこもっていた時、ふと「何のためにこのスタジオを作ったのか」と顧みた。
3歳の時、右腕のやけどのリハビリにクラシックバレエを習い始めた。7歳でボリショイバレエ団国際交流生に選ばれ、子供心にいつしか舞踊家になろうと決心していた。青年期にはクラシックバレエからモダンダンス、ジャズダンス、タップダンスにも興味を持ち、幅広いテクニックを学んだ。そして、25歳で独立。ダンス業界での地位は確立したが、自分の踊りに向かう時間はなくなっていった。自分の舞踊を極めたい。その一念からスタジオをすべて閉校し、単身で山村に入る決心をした。日本有数の豪雪地である山奥の廃屋に移り住み、自分用の稽古場を作ったのは、35歳の時だった。

■□■

都会育ちの那須にとって、雪深い山村生活は想像を絶した。廃村ゆえに近くには店もなく、8キロの山道を歩かなければ缶ジュース1本も買えない。半年間、雪に覆われ、冬にはその山道すら閉ざされた。あこがれの思いで入った山の暮らしだったが、生存するのがやっとの日々に、後悔の念が募っていった。稽古場に立つことで何とか心を奮い立たせていたが、都会の華やいだスタジオとはかけ離れた孤独な稽古場では、にぎやかな音楽も空しく響き、いつしか音のない静寂の中で踊るようになっていた。
ある吹雪の夜、ふと自分の体の中から流れ出る音楽と大自然が、シンクロナイズしていることに気づいた。体が揺れ、吹雪が踊る。自分の内側の響きと大自然が一つになった瞬間、宇宙に身体が放り出されたかのように感じた。それは人間が作り出す表現ではなく、何かに突き動かされているという初めての体験だった。涙を流し、踊り続けた。
その日から、那須の踊りは自然をとらえるようになった。降りしきる雪、風の流れ、木のかたち、草の揺らぎ。山で見るすべてが踊りのモチーフになった。自然の一つ一つを心で感じ、受け止めながら夢中で踊った。踊ることが楽しいと心から思った。

■□■

その後は、フランスやギリシャなど海外から公演の招待が入るようになり、日本人としてのアイデンティティーを強く意識し始めた那須は、自分のオリジナリティーを表現する舞を探し求め、 「天の岩戸開き」など日本古来の伝承舞踊を学んだ。
やがて日本全国を舞踊行脚するうちに、体をらせん状に旋回させて踊る舞の中に、あるひらめきを感じた。西洋や東洋というダンス表現を超え、大自然と舞い手の魂が一つになる即興舞「スパイラル・ビジョン」が生まれた瞬間だった。人間の重みやエゴから解放された肉体が、風に舞う雪のように静寂の中でゆるやかに旋回する。地球の奥に眠るマグマのエネルギーを静かに吸い取り、その力に突き動かされるかのように。 
96年に岡山公演で出会ったニューヨーク在住画家・坂口登と翌年結婚し、ニューヨークに移住。以来、ハワイ島にもスタジオを持ち、両地を行き来している。「研ぎ澄まされた感性の人々が集まるニューヨークと、原始の大自然が残るハワイ島から得る別々のエネルギーが、私の舞踊の原点になっています 」 
=敬称略(座間裕子)  


※週間NYジャピオンのインタビュー「35歳だった」掲載記事より。(2007年8月24日号)

LINK.jpg

HI Art Magazine
LinkIcon
Interview[風と大地の舞]
LinkIcon
Review[無へのスパイラル]
LinkIcon

Sizuno Nasu

nasu2.jpg

CONCEPT

Spirit and Nature – the movement of wind, the stark land of Pele, the interweaving energies of opposites, yin and yang. We must heal the earth with renewed spirit and awareness of the interconnectedness of all beings and elements.

Shizuno Nasu
LavaPhoto1.jpg

PROFILE

SHIZUNO NASU was born in Osaka, Japan and began her classical ballet training at age three.
She was chosen as an exchange student with the Bolshoi Ballet at age seven and made her debut as a professional dancer at age 19.
She has won high praise in France, Germany, Italy, Greece, India, South Korea, China, Japan and the U.S.
Shizuno’s quest for her own stylistic voice led her to study old Japanese mythological dances.
She undertook a multi-year pilgrimage, performing in every prefecture of Japan, and deepening within her the skill and spirit of mai, the dance.
Beyond the influence of both the West and the East, Shizuno continues to refine her unique mai, a dance attuned to the rhythms of Mother Nature.
Her most recent and successful stage production, “Pele and Poliahu” (‘09 & ‘10), showed her passion for and inspiration in movement and nature.
Shizuno says “Spirit and Nature can be seen in the movement of wind, the stark land of Pele, and the interweaving energies of opposites, yin and yang…
We must heal the earth with renewed spirit and awareness of the interconnectedness of all beings and elements.”
She currently resides in Volcano, on the Island of Hawai'i, where she continues to generate new Spiral Visions, teach dance, and aspires to bring cultures together through international cultural exchange.

那須シズノ
大阪生まれ。3歳でクラシックバレエを始め、僅か7歳でボリショイバレエの交換留学生に選ばる。
19歳でプロダンサーとしてデビュー。
フランス、ドイツ、イタリア、ギリシア、インド、韓国、中国、日本、アメリカなどの国々で、そのパフォーマンスを賞賛される。
「踊りの原点」とは、何かと問い、古代から伝わる日本の“舞”の探究に入る。長年にわたり“舞の巡礼”として日本全国を踊り渡り、舞踊の技を極め、舞いにおける深い精神性を学び、那須シズノ舞「スパイラルビジョン」を醸成する。
西洋と東洋を超え、母なる自然のリズムに繋がる独自の“舞”の 探究から生まれた最新作、「火の女神ペレと雪の女神ポレアフ」(2009年、2010年発表)は、
“自然”と“ムーブメント”に対するシズノの情熱とインスピレーションを表現する代表作である。
「自然のスピリットは、荒涼とした火の女神ペレの島に吹く風の動きの中に見ることができます。そして、陰と陽という全く相反するエネルギーの絡まりの中にも。...
私たちは、新しい観点ですべての存在との繋がりを意識することで地球を癒さなければなりません。」と語るシズノは、 現在、ハワイ島ボルケーノ在住。
新たなるスピリチュアルビジョンの探究を続けると共に、日本とハワイを結ぶ国際文化交流とダンスの指導に力を注いでいる。